年齢別に考える英語教育【幼少期編】:英語耳養成





日本人は英語耳が苦手

日本人は中学と高校で英語を約6年間ほど学びますが、それでも英語が聞き取れない方や、話せない方は多いです。理由は学校の英語教育にもありますが、その他の要因として「英語耳」が関係しています。


599e39b28ecd6bd35f0f3853d8ae2a28_s

英語は日本語とは違う高い周波数帯の言語ですので、普段日本語しか使っていない日本人は、ネイティブアメリカンが発音する英語を聞き取りにくいのです。

一般的に日本語の周波数は100ヘルツから1500ヘルツ程度ですが、英語の場合はそれよりも高く、下は750ヘルツくらいから上は4000ヘルツ以上と言われています。

非常に高い周波数の言葉なので、その部分を聞き取る英語耳が無いと、何を言っているのかサッパリ分からなくなってしまいます。

ですので、英語を上達したいという方は、まずは相手が何を話しているかを理解するための英語耳を作って言うことが大切です。

子供の頃の学習が大事

英語耳を一番作りやすい時期が幼少期です。幼少期は脳が柔軟で、その時期に英語に慣れれば英語耳を作ることが出来ます。大人の場合は英会話スクールに何年通ってやっと話せるようになるのに対し、生まれたばかりの子供は、学校で勉強をしなくても数年母国語を自由に話せるようになります。

6f3996024cdc2bcc2e6a48bb45cddb77_s

それは言語を覚えやすい時期にあるためです。子供の将来を考えて、第二言語を習得させたいという親御さんは、幼少期の英語耳を作りやすく、物事を覚えるのが早い時期に習得してもらうとよいでしょう。

また、最近は幼児や子供向けの英語教育機関や教材、スクールも沢山あります。学習教材なら0歳から始めることが出来る商品もありますので、早い段階から幼児教育をすることが出来ます。

スクールの場合は本物の外国人が講師となって、楽しく子供に英語を教えてくれる所も多く、ネイティブアメリカンの綺麗な発音を身に付けることも可能なので人気です。

親が英語を話せなくても、それらの教材やスクールを利用することで、子供が小さいうちから英語を聞いたり話せるようになってきます。

コミュニケーションスキルの向上

そのような幼児も対象の英会話スクールに参加することは、英語が身につく以外のメリットもあります。

それは子供同士や講師とのコミュニケーションの機会が増える事です。小さいうちから色々な人とコミュニケーションをすることで、子供の成長にも繋がってきます。

幼稚園だけの人間関係だけでなく、英会話スクールでの人間関係も出てくるので、子供のコミュニケーション能力も磨けます。

また、スクールによっては英語に慣れ親しんでもらう事も兼ねて、体験型レッスンを取り入れている所もあります。保護者も一緒に参加して行うことで、家族間のコミュニケーションも増やすことが出来ます。

1歳から2歳くらいの小さなお子様は目が離せない事も多いですが、親御さんも子供の側に居られれば安心です。

英語を聞き取れる耳を子供の作ってもらいたい方や、幼児教育も考えている方は、そんな英語教育機関やスクールも役立ちます。

おすすめのオンライン英会話スクール6選

  • 世界最大級のオンライン英会話 1週間無料体験あり
  • オンライン英会話ならイングリッシュライブ
  • 安心のクオリティECC 老舗だけあって満足度は高い
  • ネイティブ講師が教えるオンライン英会話ならECC
  • 講師が欧米ネイティブのみ、ネイティブ系としては格安
  • オンライン英会話 ボストン倶楽部
  • 産経グループが運営するオンライン英会話 1回158円~/月5,980円
  • 産経オンライン英会話 会員募集
  • もはや定番といってもいい人気オンライン英会話
  • オンライン英会話ネイティブキャンプ 1週間無料キャンペーンを実施中!
  • 子供向けならGLOBAL CROWN一択! 1回880円~
  • 子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN

    オンライン英会話というのは、全部おんなじに見えてシステムや講師、料金など意外と全然違ったりします。そのあたりはサイトの説明ではいまいちよく分からないので、体験レッスン複数受けて一番いいと思ったところで習うのがいいかと思います。

    値段の差はありますが、実際に通うことと比べるとはるかにコスパがいいかと思いますので、まだオンラインでレッスンを受けたことのない人は、そんなに考えずにとりあえず一度試してみることをお勧めします。




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です