社会人からの英語勉強:ビジネス英語の語彙力強化





まずは日本語を整理

英会話について考える時、最初に思いつくのが一般的な日常会話であると思います。例えば空港での飛行機のチケットの求め方、あるいはホテルのフロントでの会話など。確かに「旅行者」として海外に短期間とどまることを想定するならば、それで足りるかとも思いますが、それがビジネス英語ともなると、なかなかそうは行きません。


ビジネスでの英会話を考える前に、日本語でのビジネス会話を考えてみましょう。ビジネス会話の場面としては、どういった場面があるでしょう。

自社の紹介、自社取り扱い製品のプロモーションや説明、契約締結、支払いや回収の話など、日常会話とは一線を画した話になります。当然のことながら、そこに出て来るのは、日常の言葉よりも専門性を帯びた言葉になります。そして、その専門的な言葉は、多くの場合は、ビジネスマンが社会人になってから覚えたものが多くあります。例えば、一口に「回収」と言う言葉にしても、日常での意味と、ビジネス上での意味とでは、若干ニュアンスが異なってくることを考えればわかることです。
さて、そこで話を英語に戻します。

専門的なキーワードをおさえる

英語においても、ビジネス上での会話は、やはり専門性を帯びて来ることと思います。

それが特に、国際商取引などに関係してくれば、猶更のことと言えるでしょう。あるいは、自社製品のアピールにしても同様のことが言えます。ここで、少し電化製品に関する取引を想像してみましょう。

海外から日本に電化製品を輸入することを考えると。そこで想定される会話を考えると、例えば、コンセントの形状の説明、家庭用電源の電圧と周波数の説明、国土の一般的な気温や湿度などの環境、電気に関する法律なども会話に入って来ます。ですから、話される内容もかなり特殊になります。
それでは、こう言ったビジネス英会話を考えた場合、重要になるのは何かといえば、それは「語彙力」に尽きると言えます。

今挙げた少しの電気製品関連の言葉の中でも、「家庭用電源」「電圧」「周波数」「気温」「湿度」と言った単語も、必ずしも日常会話の範疇に入るものでは無いとも言えます。もしかすると、それはむしろ専門性を帯びている言葉、とも言えなくもありません。

「語彙力」は非常に重要

今は電気に関連した話を少ししましたが、当然のことながら、実際のビジネス英語は、その属してる業界によって、さまざまに変わってくることと言えるでしょう。

商取引上、あるいは輸出入に関わる話もそうですが、更に上の次元のこととして、製品やサービスに関する言葉、農産物であったり、工業製品であったり、ソフトウェアであったりと、業界独特の「言葉」や「表現」が出て来ることでしょう。
会話において、そのビジネス上でのやり取りをスムーズに、そして誤解のないように執り行うためにも、ビジネス英語における「語彙力」は非常に重要になるのです。

そして、その語彙力強化こそが、ビジネスを上手に進めていく上で、重要な役割を持っているものと言えるでしょう。

おすすめのオンライン英会話スクール6選

  • 世界最大級のオンライン英会話 1週間無料体験あり
  • オンライン英会話ならイングリッシュライブ
  • 安心のクオリティECC 老舗だけあって満足度は高い
  • ネイティブ講師が教えるオンライン英会話ならECC
  • 講師が欧米ネイティブのみ、ネイティブ系としては格安
  • オンライン英会話 ボストン倶楽部
  • 産経グループが運営するオンライン英会話 1回158円~/月5,980円
  • 産経オンライン英会話 会員募集
  • もはや定番といってもいい人気オンライン英会話
  • オンライン英会話ネイティブキャンプ 1週間無料キャンペーンを実施中!
  • 子供向けならGLOBAL CROWN一択! 1回880円~
  • 子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN

    オンライン英会話というのは、全部おんなじに見えてシステムや講師、料金など意外と全然違ったりします。そのあたりはサイトの説明ではいまいちよく分からないので、体験レッスン複数受けて一番いいと思ったところで習うのがいいかと思います。

    値段の差はありますが、実際に通うことと比べるとはるかにコスパがいいかと思いますので、まだオンラインでレッスンを受けたことのない人は、そんなに考えずにとりあえず一度試してみることをお勧めします。




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です