実用英語技能検定のメリット:国内ではやはり一般的





まずは2級を目指したい

実用英語技能検定は、日本国内における歴史が長く、確かな英語力を身に付けるためのツールとしても高く評価されています。

実際に試験を受けることで得られるメリットは多彩なものですから、多くの世代から支持されています。階級は1級を頂点にして、5級までの7段階で構成されています。

最初から1級を目指すだけでなく、下から少しずつ階級を高めることで、実地的な能力が着実に身に付きます。

実用英語技能検定を受けることで確かな英語力が養われることは、多彩な試験が行われることからも明らかです。

2級に合格するために参考書を購入すると、階級ごとに必要な語彙を効率的に習得できることから、初心者にとっては目標が立てやすくなります。

独学で勉強している人にとっては、合格に必要な能力を高めるための目標が明確になるため、上達しやすい環境を作ることができます。

実用英語技能検定の対策では、文法を重視するだけでは成功に導くことができません。独学者の場合には偏った方向性で勉強をしてしまうことがあるため、弱点が明確になることも珍しくありません。

実用英語技能検定にはリスニングや筆記も含めた試験があるため、多角的に対策を行うことが重要です。リスニングと筆記の勉強を同時に行えば、英語の複雑な発音を習得しながら、借用語も豊富な英単語を習得できることになります。

こうした努力を地道に積み重ねることで、結果的には英語力も総合的に充実していきます。

面接官は意外と親身

文法は完璧に習得していても、相手と直接に会話をする場合には緊張して実力が発揮できないことがあります。日本人が英会話を苦手にしていることは有名ですが、消極的に姿勢になることが多いのが問題です。

恥ずかしがりで相手と対等に話すことができない場合には、英会話教室に通うこともありますが、実用英語技能検定を受ける場合でも同様の対策が行えます。

上位の階級では最初の一次試験で筆記やリスニングをして、合格すれば二次試験に進むことになります。二次試験では面接官と直接に向き合って、英語で様々な会話をすることになります。

一次試験では高得点を獲得していても、二次試験では緊張して言葉が詰まってしまうことがありますが、何度も練習すれば誰でも合格することができます。

二次試験の試練を乗り越えたときには、英語力が自然に身に付いていることを意味しています。面接官は受験者に対しては親身に接してくれますから、最初から緊張する必要はありません。肩の力を抜いて英語を多彩に使いこなすようになれば、国際的な会話能力も同時に養われることになります。

優遇措置を受けられることも

実用英語技能検定で培われた英語力は、単なる勲章として残るものではありません。合格したおかげで確かな自信が生まれ、海外生活やビジネスの助けになります。

英語力が高いことが公式に認められ、進学の際には優遇措置を受けられることも大きなメリットとなります。1級に合格する場合には、通訳案内士試験で優遇措置を受けられることもメリットです。

おすすめのオンライン英会話スクール6選

  • 世界最大級のオンライン英会話 1週間無料体験あり
  • オンライン英会話ならイングリッシュライブ
  • 安心のクオリティECC 老舗だけあって満足度は高い
  • ネイティブ講師が教えるオンライン英会話ならECC
  • 講師が欧米ネイティブのみ、ネイティブ系としては格安
  • オンライン英会話 ボストン倶楽部
  • 産経グループが運営するオンライン英会話 1回158円~/月5,980円
  • 産経オンライン英会話 会員募集
  • もはや定番といってもいい人気オンライン英会話
  • オンライン英会話ネイティブキャンプ 1週間無料キャンペーンを実施中!
  • 子供向けならGLOBAL CROWN一択! 1回880円~
  • 子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN

    オンライン英会話というのは、全部おんなじに見えてシステムや講師、料金など意外と全然違ったりします。そのあたりはサイトの説明ではいまいちよく分からないので、体験レッスン複数受けて一番いいと思ったところで習うのがいいかと思います。

    値段の差はありますが、実際に通うことと比べるとはるかにコスパがいいかと思いますので、まだオンラインでレッスンを受けたことのない人は、そんなに考えずにとりあえず一度試してみることをお勧めします。




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です