【我流】英会話では「聞き取り」がいかに大切か(図解)





本記事は、中学・高校で基礎的な英語を勉強しているにもかかわらず「英会話に苦手意識を持っている」という方に読んでいただければ幸いです。

せっかく長い時間をかけて学んだ知識が「最後の詰め」が出来ていないために、無駄になっているという方が多いように思います。そこで英語が苦手だと思っている人の原因英会話スキルを短期間でアップさせるために必要なポイントについて説明したいと思います。



順位 オンライン英会話ランキング コメント
第1位 業界初!予約無しでレッスン回数無制限のオンライン英会話【ネイティブキャンプ】 最強のオンライン英会話
※現在7日間の無料体験実施中!
第2位 オンライン英会話 ボストン倶楽部 ネイティブ最安値 340円
※体験無料
第3位 産経オンライン英会話 1回158円~/月5,980円
※予約は30分前までOK
番外編 ALUGO キャリアUP,留学を検討など超本気の人向け ※30日間全額返金保証

無事に英会話を成立させるための3つのハードル

第1ハードル

聞き取り・・・相手の言っている英語を聞き取って判別する

第2ハードル

語彙・文法・・・聞き取った単語がどういう意味かを理解する

第3ハードル

発音・・・理解した上で、さらに自分の言いたいことを正しく発音する

ものすごく簡単に書きましたが、基本的にはこの繰り返しが英会話を成立させるためのステップになります。

ここで注意して欲しいのが、第1~第3まで3層構造のフィルターのようになっているということです。

つまり1層を越えた情報が2層に、2層を越えた情報が3層に到達し、3層を越えた情報のみがめでたく相手に伝わるということです。


図1

第1層(聞き取り)で60%の情報がせき止められると、後の第2に層は残りの40%の情報しかきません、さらに第2層(語彙)で40%しか通過できなければ、得られる情報は更に少なくなり、全体の16%になってしまいます。
そこからさらに言いたいことを正しい発音で発することが出来なければ、雀の涙ほどの情報しか伝わらないことになってしまします。

このようにして、会話ができない状況が発生します。

日本人が外国語を勉強する際の優先順位としては、私の感覚では
第2層(語彙・文法)>>>第1層(聞き取り)>>>>>>>>>第3層(発音)
のようなイメージかと思います。

これは英会話能力よりも受験や資格のほうがはるかに重要視されているためです。また第2層(語彙・文法)は圧倒的に物量が多く暗記などの努力が必要なので実際に最も時間を割く必要があります。そういう意味では第2層に力を入れるのは当然なのですが、第2層はものすごい能力を持っているにもかかわらず、第1層(聞き取り)が全然ダメなため、英会話においては何の情報もインプットされず、ほとんど理解できない。そして発音のアウトプットは言わずもがな、ということが往々にしてあります。


図2

英会話(外国語会話)において「聞き取り」ができなければ、その時点で終了

つまり何としてでも聞き取りをクリアする必要があるのですが、実践の場では、騒音や、相手が急いでいたり、不特定多数の人々と、不特定多数のシチュエーションで会話するにあたって万全の状態で聞き取れないことが多く、本来ある聞き取り能力がさらに低下します。

そのため、慣れていない場合、実践では緊張もあって聞き取りの能力が落ることが普通です。家や学校ではそれなりに理解できたのに、いざ外国人を目の前にすると、何を言ってるのかさっぱりわからないというようなことはよくあります。

このように、外国語で会話するにあたって「聞き取り」は最初の関門であり、ここを突破しないことには、いかに語彙があろうと何の意味もありません。

聞き取りスキルを身につけるには

さて、聞き取りを身につける方法ですが、実は短期間でできてとても効果的な方法があります。それは、「正しい発音を理解すること」です。これはあくまで私の意見なので賛否両論あるかと思いますが、一生懸命聞き取りの練習をしても、いざ様々な雑音がある中でちゃんと聞き取ることは非常に難しいです。

なぜかと言うと、日本人の多くは、英語の発音を五十音にあてはめて記憶しているからです。実際には全く違う音でも無理やり五十音に置き換えているので、少し早かったり、雑音やアクセントがあるとすぐに理解できなくなってしまいます。

それに比べて、自分である程度正しい発音ができるようになると、日本語にない音(英語で言えば「F、G、R、V」などの音)が少しくらい聞こえなくても、息の流れや舌・口・くちびるの動きなどによって、脳内で補足出来るようになります。

これは、とくに特殊なアクセントがあるネイティブでない外国人と外国語で話す際に力を発揮します。

このように正しい発音を理解し、それが発音できるように理解さえすれば、あとは語彙さえあれば、一気に会話力をスキルをアップさせることができます。

しかも、発音をマスターすることは、語彙・文法を学ぶことにくらべはるかに少ない努力ですみます。

正しい発音を学ぶための簡単な方法はこちらの記事に記載していますので是非参考にしていただければと思います。

【我流】短期間で英語の発音を飛躍的に良くする方法

まとめ

語彙・文法などの知識はあるのに英語(外国語)が話せない方は、一度「発音」に集中して勉強してみてはいかがでしょうか。きっとすぐに目に見えて効果が表れるかと思います。とはいえ1、2ヶ月は真剣に取り組む必要があるかと思います。逆に言うと、1、2ヶ月でこれまで学んだ語彙や文法が活かされるというのは非常に大きなことだと思います。

おすすめのオンライン英会話スクール6選

  • 世界最大級のオンライン英会話 1週間無料体験あり
  • オンライン英会話ならイングリッシュライブ
  • 安心のクオリティECC 老舗だけあって満足度は高い
  • ネイティブ講師が教えるオンライン英会話ならECC
  • 講師が欧米ネイティブのみ、ネイティブ系としては格安
  • オンライン英会話 ボストン倶楽部
  • 産経グループが運営するオンライン英会話 1回158円~/月5,980円
  • 産経オンライン英会話 会員募集
  • もはや定番といってもいい人気オンライン英会話
  • オンライン英会話ネイティブキャンプ 1週間無料キャンペーンを実施中!
  • 子供向けならGLOBAL CROWN一択! 1回880円~
  • 子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN

    オンライン英会話というのは、全部おんなじに見えてシステムや講師、料金など意外と全然違ったりします。そのあたりはサイトの説明ではいまいちよく分からないので、体験レッスン複数受けて一番いいと思ったところで習うのがいいかと思います。

    値段の差はありますが、実際に通うことと比べるとはるかにコスパがいいかと思いますので、まだオンラインでレッスンを受けたことのない人は、そんなに考えずにとりあえず一度試してみることをお勧めします。




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です