TOEIC 840点でも話せない私が留学先で英語を克服した方法





初めまして!Zonosanといいます。今回、本当に英語が話せるようになりたい人に役立つ方法についての記事を書かせて頂くことになりました。

さて、簡単に自己紹介をさせて下さい。私は現在貿易の仕事をしております。化粧品や美容機器を輸入するために毎日英語で取引先とメールでやりとりをし、定期的にSkypeでミーティングも行っています。

そんな私ですが、最初から自信を持って英語を話せた訳ではありません。

もともと英語は好きで、英検準1級を高校3年生の時に取得し、大学に入ってからはTOEIC840点を取得するなど英語を勉強することは得意なほうでした。
一見すれば英語を話すことも得意のように見えますね。しかし、実は私は英語を「話す」ことに一番のコンプレックスを持っていたのです。

英検準1級、TOEIC 840点でも話せなかった…

「英検準1級も持っていて、TOEIC 840点も持っているのに話せない?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。でも、英語を読んだり聞いたりして理解できることと、実際に使えることはまるで違うのです。相手の言っていることはなんとなく分かるけど、自分が言いたいことがほとんど話せない。

大学生の時に英語のディベートのクラスをとっていた人なら分かると思うのですが、帰国子女や英語が得意な英会話サークルの人たちがスラスラと自分の主張をする中、いざ自分が喋る番になると言葉が出てこない。アタフタしたまま時間だけが過ぎていき自分の番が終わる。

また、就職活動の際履歴書にTOEICや英検のことを書きましたが、いざ面接で面接官に実際に話してみてと言われると、やはりうまく喋れない。

pexels-photo-228799

英語が好きだったからこそ、話せないことが自分にとって大きなコンプレックスとなっていました。TOEICで高いスコアを持っている人の中には案外、私と同じコンプレックスを抱えている人がいるのではないでしょうか。

転機が訪れる

そんな自分を変えたきっかけはフィリピンに留学をしたことです。留学は3ヶ月間でしたが、留学を終えた後は自信をもって自分の言いたいことを表現できるようになり、TOEICも920点を取得しました。

ただ、ここで勘違いして欲しくはないのですが、留学に行っただけで話せるようにはなりません。


留学を通してどのような意識をもってどのような勉強をしたのかが大事
です。それでは、実際に私が自信を持って英語を話せるようになった過程を、留学中にどんな勉強方法やどんなことを意識して日々を過ごしていたのかを交えて書いていきたいと思います。

1.話すための基礎力をつける

私が留学していた学校は社会人専門の学校で、授業は基本的にマンツーマンでした。

私はもともと英語の勉強は好きだったので、文法に関する理解など英語の基礎力はあったほうでしたが、留学を始めてからすぐにあることを痛感しました。

5bdeb6f167be5df9b32a2363abe0137d_s

それは実際に自分の伝えたいことを話そうとすると、適切な単語がほとんど浮かんでこないということです。受験勉強や資格試験の勉強で単語はかなり覚えていると自負していましたが、それは読んだり聞いたりすれば分かるというレベルであり、実際にアドリブで会話できるというレベルには程遠いものでした。

私はそのことに気がついてからスマホで初級の単語帳アプリをダウンロードして、基礎レベルの単語をひたすら覚えて次の授業で使うということを実践していました。

また、毎日講師とスピーキングの練習をする中で、単語が思い浮かばなくて伝えられなかった内容をメモし、英語ではどのように表現するのかを確認していました。

また、中学レベルの文法をもう一度復習することで、過去のことや未来のことをきちんと区別し、また関係代名詞や関係副詞をおさらいすることで、表現の幅を広げるよう努力しました。今は単語帳や分厚い文法書を持ち歩かなくても、スマホのアプリがありますからぜひ活用してくださいね。

留学を考えている方に一つアドバイスしたいのが、留学に行く前にはできるだけ基本的な単語や文法などはマスターされてから留学することをオススメします。

全く英語が分からない状態で留学に行き、留学先で単語や文法を一から学ぶことは正直もったいないと思います。留学はあくまでアウトプットの練習の場だと思って下さい。

2.ミスを恐れない

日本人の傾向として、ミスを恐れるというものがあると思います。文法や発音の間違いを極端に恐れるのです。英語はコミュニケーションツールであり、相手に自分の意思が伝わればいいのです。

e17d3127304c1ddde48120c574b29f39_s

正しい文法や単語、発音を学ぶことはコミュニケーションを円滑にする上では大切なことですが、それらばかりに意識を向けすぎないようにして下さい。

私は留学中「Real英会話」というアプリから、ジョークの表現を覚えて講師とのレッスンで使っていました。ジョークが通じれば講師も笑ってくれますので楽しく表現を覚えることができます。

このように、ミスを恐れるのではなく楽しみながら会話表現を増やしていきましょう。

3.日本語で理解できないことを英語で理解できるようにはならない

この意識が抜けている方が案外多いのです。母国語で理解できないものをどうやって他国語で理解できるのでしょうか。リーディング・リスニングはがむしゃらにやれば出来るようになるわけではないのです。

64487922d159161660372b95af8a1ead_s

一見遠回りのように見えても、日本語で見識を深めていくことが、英語の理解力を深めることにつながります。

以上、私の経験から、英語が話せるようになるために必要なことを書かせて頂きました。読者の皆様のお役に立つと幸いです。

おすすめのオンライン英会話スクール6選

  • 世界最大級のオンライン英会話 1週間無料体験あり
  • オンライン英会話ならイングリッシュライブ
  • 安心のクオリティECC 老舗だけあって満足度は高い
  • ネイティブ講師が教えるオンライン英会話ならECC
  • 講師が欧米ネイティブのみ、ネイティブ系としては格安
  • オンライン英会話 ボストン倶楽部
  • 産経グループが運営するオンライン英会話 1回158円~/月5,980円
  • 産経オンライン英会話 会員募集
  • もはや定番といってもいい人気オンライン英会話
  • オンライン英会話ネイティブキャンプ 1週間無料キャンペーンを実施中!
  • 子供向けならGLOBAL CROWN一択! 1回880円~
  • 子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN

    オンライン英会話というのは、全部おんなじに見えてシステムや講師、料金など意外と全然違ったりします。そのあたりはサイトの説明ではいまいちよく分からないので、体験レッスン複数受けて一番いいと思ったところで習うのがいいかと思います。

    値段の差はありますが、実際に通うことと比べるとはるかにコスパがいいかと思いますので、まだオンラインでレッスンを受けたことのない人は、そんなに考えずにとりあえず一度試してみることをお勧めします。




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です